読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の写真

日常を写真を使って紹介します。

あたる。

f:id:sherwood_ts:20170208202047j:plain

Nikon D750 AF-S NIKKOR 80 -400mm f/4.5-5.6 ED VR f/10 1/1250秒 ISO800 350mm

 

我が家の朝も忙しい。

特に、今日は、長男と三男坊が病院の日だ。

次男坊は、普通に幼稚園へ通園する。

当の私は、お休みだ。

 

朝から、食事が遅い長男次男坊に、

「いつまで寝てるのっ、早く起きなさいっ!」

とか、

「早くっ、口をモグモグさせなさい!」

と、お嫁さんが、家事をこなしながら搔き立てる。

とまぁ、どの家庭にもある光景が我が家にもある。

 

いつも、予定している時間より5分ほど遅れる。

日課だ。

 

そして、今日は、

次男坊を送ったら、長男と次男を連れて

病院へ行った。

なんとも、待合の長いこと。

病院を出たのが11時30分ごろだったので、

長男を幼稚園に送った。

 

その後、私には、

 『自由時間』がやってきた。

空には雲が広がり、

絶好の日よりではなかったが、

久しぶりに、空港に行った。

 

2時間ほどすると、

電話が鳴った。

「私、調子が悪いみたい。」

  『わかった、すぐに帰る』

との、あまり弱音を言わないお嫁さんが、

このような連絡をしてくるのは珍しい。

 

(目の前で787が離陸態勢に入るところだったので、

 それは、撮影してしまった。)

 

帰宅したら、いつも元気な

お嫁さんが、ぐったりしている。

  『これは、まずい』

 

家事をあれこれして、

長男次男を迎えに行き、

帰りの車の中で、

 「ええかぁ~、お母さんが、

   調子が悪いみたいだから、

    わがまま言ったりせずに、

     言うことをきかな、いかんよぉ」

と、言うと、二人は、

 「はいっ、わかりました。」

  なんと、びっくりするぐらいの素晴らしい返事!

 

 「バチがあたったんやね!」

 

  素晴らしい返事に、間髪入れずの次の言葉。

 

言葉が出なかった。