読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の写真

日常を写真を使って紹介します。

のめりこむ FUJIFILM X100F

Nikon D500 NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR ボンバルディアDHC8-Q400 松山空港 飛行機

f:id:sherwood_ts:20170225223232j:plain

Nikon D500 AF-S NIKKOR 200-500mm  f/5.6E ED VR f/11 1/400秒 ISO100 200mm

 

平成29年2月29日

とうとう、浮気を実行してしまった。

 

そう、FUJIFILM X100Fが手元にやってきた。

 

初めてのミラーレスカメラで、

とても、素晴らしい。

 

もともと、2年ぐらい前かな?

Nikon D750を購入するときに

FUJIFILM X-T1を候補に入れていた。

 

その時は、ファインダーをのぞいた時に

酔ってしまう感じがあり、

 『私には、合わない』

と、すぐに候補から外れていた。

 

でも、今回は、

ファインダーを覗くどころでなくて、

いきなり、現物確認なしで注文をかけた。

 

なぜなら、

 

Fujifilmの色を体験したかった。

 

カラーもそうだけど、

モノクロにも興味があった。

そして、一番の決定理由は、

35mm換算で、

 

35mm単焦点というところだ。

 

ここ数年、

35mmに憧れがあった。

 『自分の視界にあってるんじゃないかな?』

と思っていたからだ。

その点は、満点だ。

撮影していると、

ノッテくるのがわかる。

 

カメラの私なりのこだわりは、

違う形で、ブログにしたいと思っているので、

高揚している自分を納め、

このあたりで、カメラのお話は終わり。

 

で、

 

カメラもそうだけど、

趣味には、お金がかかる。

 

よく、「お金がかかるから趣味を持たない。」

と、いう人がいるけど、

それは、表現の仕方が少し違う気がする。

 

対価を得るから、お金がかかるのであって、

対価を得れないから、お金をかけないのではないかな?

 

対価とは難しいし、人それぞれだけど、

私は、いろいろなことが好きで、

いろいろなことを体験したい。

 

昔、高校生のやんちゃな頃、

ひょんなことから、

ゲートボールをおじいさん、おばあさんとしたことがある。

始めは、

 『こんなん、楽勝やぁ』

と、思っていたが、ボコボコにされた。

それから、必死になって、

プレイ(あそぶ)している自分に気づいた。

 

そう、なんでも

のめり込む事が必要だ。