読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の写真

日常を写真を使って紹介します。

【カメラのこと】 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR と AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II の新旧

Nikon D500 NIKKOR 70 -200mm f/2.8E FL ED VR ボンバルディアDHC8-Q400 松山空港 飛行機

f:id:sherwood_ts:20170313223325j:plain

Nikon D500 AF-S NIKKOR 70 -200mm f/2.8E FL ED VR f/9 1/1250秒 ISO400 102mm

 

私は、飛行機を撮影するのが好きだ。

私は、撮影するのが好きなカメラ好きだ。

 

そのような私が、新旧のにっぱちレンズ

私は、飛行機撮影するのが好きだ。

私は、撮影するのが好きなカメラ好きだ。

 

そのような私が、

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VRⅡと

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRとを

使用してみて、その違いを一番感じるのは、

連射時のフォーカス追従能力だ。

 

ボディはD500を使用している条件で

旧レンズを使用し、連射を行った際に

オートフォーカスが合致するのが

「タン・タン・パッ タン・タン・パッ」

と、言う具合に3拍子的感覚であったが、

新レンズは、大げさ抜きにして全てに合う。

 

このことは、ブラックアウトの少ない

D500の連射性能とも関連して、

「撮れている」と、

撮影しているその時から感じることができる。

 

次に、私が感じることは、

1mを切って欲しかったとよく言われている

最短撮影距離だけど、

とても使いやすい距離が確保されていると感じる。

特に、子どもを撮影する際に実感する。

 

子どもは、あまりカメラやレンズを近寄らせると、

表情が硬くなるので、ちょいと離れたところから撮影し、

徐々に撮影距離を詰めていく。

 

特に、自分の子どもではない子を撮影する際には、

子どもとの距離感が近い関係になり過ぎると、

自然な表情を撮影するのが難しくなるので、

お友達にならないことが最大のコツだと私は思っている。

母親と楽しそうに遊ぶ子どもを

横から撮影させてもらう感覚かな?

 

そんな時に、短い撮影距離は助かる。

 

また、レンズ先端に配置されている

各種ロックボタンが使いやすい。

私は、AEロックを割り当てている。

AFは親指オートフォーカスをしている関係上、

指を離せばロックできるので、

AEロックとしている。

夕日の時間帯に、飛行機を撮影する時に重宝している。

 

唯一、個人的には、旧レンズのデザイン方法が好きである。