読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の写真

日常を写真を使って紹介します。

世の中の余白。

f:id:sherwood_ts:20170403232248j:plain

Nikon D500 AF-S NIKKOR 300mm f/4E PL ED VR f/8 1/1000秒 ISO200 420mm

 

私の職場にも新入社員が配属された。

 

今年で、27歳になるらしい。

 

そう、27歳である。

 

私にもその年齢であったときは、

当然ある。

懐かしい思い出だ。

 

そして、今思う。

若い世代がかわいそうだ。

 

ニュースでもいろいろな企業の

新年度の仕事初めで、

いろいろな形態で工夫を凝らした

入社式が取り上げられていた。

正直、滑稽に見えた。

 

だって、何か工夫をするということは、

誰かが、企画立案し、

当日までにとんでもない時間を

準備に費やしたに違いない。

 

入社式にそんな労力を使うことより、

もっと、スムーズなシステムの方が心地よい。

と、私は思う。

 

今の世の中は複雑すぎるし、

責任の所在をすぐに問いただす。

個人の資質の問題を

管理者責任として問いただす。

そんなことが、世の中なのかなぁ?

不思議だ。

 

もっと、単純明快な考え方になる方が、

若い世代の人たちが働きやすい環境になると思う。

単純明快な考え方は、時代で変化する。

当然のことながら、

男女平等。

育児制度。

定年制度。

普通に考えたら、

当たり前のことを

小難しい制度の中で

責任を回避するためのシステムで

コントロールしようとすると

必ず歪が生じる。

 

私が若いころは、

まだ、世の中に余白があったなぁ~。