読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の写真

日常を写真を使って紹介します。

【カメラのこと】 舞台撮影

f:id:sherwood_ts:20170422215703j:plain

Nikon D750 AF-S NIKKOR 80 -400mm f/4.5-5.6 ED VR f/5.6 1/400秒 ISO6400 320m

 

先日来、取り組んでいた、

舞台写真を手渡した。

 

「ホッ」としたが正直な感想だ。

ちょいと、撮りすぎた。

 

で、

 

舞台写真は難しい。

そして、今回はダンス撮影だった。

 

ダンスの撮影は初めてではない。

以前は、シャッタースピードを稼ぐために、

絞りをf2.8などの開放で撮影していたが、

被写界深度が浅く、

ピント面がシビアだったので、

今回の撮影では、

絞りをF4やF5.6まで使って撮影した。

 

以前に比べISO感度を

思い切って使うことができるようになった。

最近のカメラの高感度にはびっくりさせられる。

 

そして、肝心のシャッタースピードだけど、

1/250ぐらいで行けると思うけど、

1/400がボーダーラインだ。

 

最近は、データで引き渡すので、

等倍鑑賞した際に、

ダンス写真では、

被写体ブレが目立つようになるので、

私は、1/400ぐらいを基準に考えている。

 

躍動感を出すなら

1/125ぐらいかなぁ?

 

それとダンス写真撮影で一番大事なのは、

自分もリズムに乗ることだ。

カウントをとることで、

決めポーズや

ジャンプを予測できる。

書くのは簡単だけど・・・。

やっぱりフレームアウトしたり、

ついつい、被写体を追いかけて、

カメラを振ってしまい、

手ぶれを起こす。

 

何回撮影しても

緊張感バリバリの撮影になる。

 

あとは、

クライアントが気に入ってくれる

カットがあれば幸いだ。