読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日常の写真

日常を写真を使って紹介します。

【カメラのこと】 FUJIFILM X100F の誘惑

FUJIFILM X100F 35mm スナップ

最近のFUJIFILMは魅力的だ。

 

私は、数年前から街角スナップに興味があり、

35mmの単焦点を購入しようと企てていた。

が、

なかなか実現せず、今に至っている。

 

実現しない理由をあれこれ書いてもしょうがないが、

唯一言えることは、

「所有する一眼レフを持ち歩くスタイルを持ち合わせていない。」

と、言うことが一番である。

普段から、手に荷物を持つことがないのである。

 

そんな中、FUJIFILMの写真に出会った。

とても、階調が豊かで、

しっとりした写真が気になってきた。

 

以前、店頭で見ていたT1は

パワーブースターグリップも装着されて、

とても格好良かったので、手に取り、触ってみた。

各種、ダイヤルが軍艦部にあり、

「いいじゃぁ~んっ」と思い、

ファインダーをのぞいた。

「んっ、うんっ? なんか、気分が悪いぞ!」

そう、私の目はEVFに対応していないようで、

酔う感覚に襲われた。

 

それから、ミラーレス機に興味が薄れており、

選択肢から除外されていた。

が、

ある日、またもや店頭でT2を触ってみた。

するとどうだ。

すごい進歩である。

ぜんぜん酔わない。

私が、鈍感になっただけとの意見もあろうかと思うが・・・。

 

それからというと、FUJIFILMが気になってしょうがない。

一眼レフスタイルのT2は今持っているカメラとかぶるし、

そういえば、街角スナップがしたかったことが蘇った。

 

そうしたら、X-PRO2だ!

こうなると、格好よく見えてしょうがない。

だんだんと、高揚する自分を押さえられなくなり、

またまた、店頭へ足が向いた。

触り倒した。

その結果、

「思ったよりも、おっきい。」

というのがネックになってしまった。

色々考えながら、店内をうろついていると、

コンパクトカメラの売り場にたどり着いた。

何時もなら、「ざぁ~」としか見ないが、

X-100Tに目が止まった。

手が伸びた。

 

「なかなか、格好いい軍艦部だねぇ~」

「ちょっと、On、Offスイッチが使いずらいなぁ~」

「なんだ、このレンズにある羽は・・・

  おぉ、絞りリングの羽かぁ」

「うんっ、内臓NDフィルタぁぁ~!」

と、そのギミックにだんだんと虜になってしまった。

最後は、35mm単焦点であることである。

むちゃくちゃ明朗である。

 

サイズ感もコンパクトカメラを一回り大きくした感じで、

所有感もあるこのコンデジに一目ぼれであった。

 

すると、どうだ、

後継機がもう時期発売になるではないか!

 

もう、止める理由は一つもなかった。